過払い金返還請求の費用が安い事務所はここ!

過払い金返還請求の費用が安い事務所はここ!

過払い金返還請求の費用が安い事務所はここ!

過払い金返還請求の費用

過払い金返還請求を検討されている方へ。

 

私は2014年に過払い金返還請求をし、過払い金を取り戻しました。

 

けっこうまとまった金額でした。

 

 

一般的に、過払い金返還請求をする場合、司法書士か弁護士に依頼します。

 

当然、報酬がかかります。

 

その報酬は少ない(低い、安い)ほど、得られる過払い金が多くなるわけです。

 

なので、なるべく、報酬が

 

そして、できれば、以下の条件を満たしていること。

 

  • 債務整理に強い
  • 過払い金の無料相談を受け付けている
  • 着手金がいらない(初期費用がかからない。0円)

 

オススメはこちら ⇒ アヴァンス法務事務所

 

※過払い金の相談は無料です

 

 

アヴァンス法務事務所は、債務整理を得意としています。

 

過払い金の相談は無料。

 

着手金は0円なので、手持ちのお金がなくても大丈夫。
報酬は、取り戻した過払い金の中から支払うシステムでになっています。

 

その報酬額は取り戻した過払い金の16%〜。
報酬の相場は20%前後。
中には25%くらい取るところもあります。
なので、16%〜というのは相場から見ても安いと思います。

 

 

まずは、無料相談を受けて、過払い金がありそうかそうかを聞いてみましょう。

 

 

アヴァンス法務事務所に相談(相談料は無料

過払い金がありそうか、調べてもらう

ありそうなら、過払い金返還請求を依頼する(初期費用0円

あとは司法書士に任せる

過払い金が戻る(一部を司法書士への報酬として支払います)

 

 

過払い金請求って何?

金融機関からお金を借りた場合は、利息をつけて返済をすることになります。
しかし金融機関が規定以上に利息を取ることがあり、そのような問題が起こった場合はお金の請求手続きを行います。
このようなお金の請求手続きを過払い金請求といい、最近では一般的に行われるようになっています。
この過払い金の問題を対応するためには、過去の借入で過剰に返済をしていないか調べる必要があります。
そのためかなり細かく資料を調べることになりますが、そういうことについては専門家に依頼をするのも手です。
こういうややこしい調査は弁護士や司法書士に依頼をすることも可能で、問題がないか調べてもらうことができます。
またこのような専門家は相手の金融機関との交渉も、代わりにやってくれますから依頼がしやすいです。
過払い金の問題は一般的なカードローンでも起こっており、大手金融機関がこのような問題を起こした例も存在します。
そのため普通に暮らしている方にも関係をしている問題なので、長期間金融機関のローンを利用してた場合は注意が必要です。
過払い金の問題が発生しやすい人としては、カードローンを何年も使っていると起こりやすいといわれます。
そういう風にお金を借りていると過剰に利息を払ってしまうことがあり、それが大きくなっていることがあります。

 

グレーゾーン金利って何?

平成22年6月17日までは利息制限法で金利が貸付額に応じて15%〜20%が上限とされていました。
これを超えれば無効となりますが、実際は出資法で罰則の対象になる29.2%に満たないことから、罰せされることはありませんでした。
このような法律の抜け道にあった高金利をグレーゾーン金利といいます。
平成22年6月18日からは、出資法の上限金利が20%に見直されたので、現在ではグレーゾーン金利は存在しません。
もし利息制限法を違反する金利を設定していたら、行政処分が行われます。
貸金業者からお金を借りていた人の多くが、グレーゾーン金利に気づかず多すぎる額を返済してきました。メディアを中心に払いすぎていたことを知り、それを返してもらう動きが広がっています。
それが法律事務所の多くが宣伝している過払い金請求です。過払い金請求は完済後から10年以内に行わないといけないので、早めに相談することが大事です。貸金業者が倒産していれば請求する相手がいないので、お金は戻ってきません。
過払い金の存在が明らかになった時は、多くの人が請求をしたため大手の貸金業者が倒産することもありました。
未だに業者が運営していれば100万円以上の借金をしていた人は、十数万円戻ってくる可能性があります。

 

グレーゾーン金利で借金をしていた場合は過払い金があるかも

金利の上限に引っかかるグレーゾーンを的確に知ることが重要であり、最近はグレーゾーン金利という言葉が浸透しています。
同時にお金を想定以上に支払ってしまった場合は、過払い金という請求を持って取替えすということが現在は可能になっています。
利息の制限自体に法的な内容が含まれているので、金融関係に詳しい人のアドバイスを聞きながら金額の応じた率を早い時期に把握しておくことが非常に重要となるわけです。
返済までの道のりが長い場合に過払い金が起こるケースが増えていることから、消費者金融の情報や過去に利用した人が語るポイントを踏まえて、着実に行動を起こしていく部分が大切です。
借金をする金額に応じて適切な処理を施していけば、過払い金に関する内容をプラス思考で捉えていく可能性が出ていきます。
グレーゾーン金利の話題は、クレジットカードでの返済に大きく関与していくため、高額な出費を想定している場合は注意を払っていくようにすることが大事です。
ゆえにグレーゾーン金利を活用して借金が発生している場合は、今一度過払い金に関しての詳細を考えていく意識が重要な内容となっています。
払い過ぎた金額を取り戻すことで、健康的な暮らしができるようになるわけです。

 

 

過払い金返還請求は簡単そう!自分でも出来る?

過払い金返還請求は簡単そう!自分でも出来そうだ!

 

と思った方もいることでしょう。
過払い金返還請求は自分(債務者。借りた本人)でも出来ます。
司法書士や弁護士に依頼しないので、成功報酬はかかりません。過払い金は丸々自分のお金になります。
かかる費用といえば、通信費と印紙代くらいでしょう。

 

しかし、現実はなかなか厳しいようで、自分で返還請求しても過払い金を取り戻せないことが多いようです。

 

自分で過払い金返還請求をする場合の問題点

  • 過払い金の確定が難しい
  • 債権者との交渉が難しい

 

まず、「過払い金の確定が難しい」という問題点があります。
過払い金還請求をする場合、最初に過払い金の確定をします。過払い金がいくらあるのか、ということをはっきりさせるわけです。その金額をもとに、債権者に返還請求をし、交渉をします。
過払い金は、契約書や取引明細書をもとに法定金利で引き直し計算をして確定させます。
しかし、契約書や取引明細書がすべて揃っている方は少ないでしょう。明細書はあってもごく一部。これでは計算できません。
債権者から取引履歴を取り寄せるという手もありますが、貸金業者の中には取引履歴をすんなりと開示しないところもあるようです。
また、引き直し計算じたいもかなり難しいので一苦労。

 

次に、「債権者との交渉が難しい」という問題点があります。
貸金業者側は1円でも返還したくないので、なんだかんだ理由をつけて返還に応じないようです。

 

以上のことから、費用がかかったとしても、司法書士や弁護士に手続きを依頼したほうが無難です。

 

 

過払い金の引き直し計算

過払い金とは、貸金業者からお金を借りる際の金利が利息制限法で定められている利率の上限よりも上回っていた場合に発生する超過分のお金のことです。過払い金が発生しているかどうか、金額はどのくらいかなどを調べる方法として用いられるのが引き直し計算です。
引き直し計算をするための無料のソフトもたくさんありますので、自分でダウンロードして過払い金の引き直し計算を行うことも可能です。
貸金業者との取引履歴を見ながら取引状況を一つ一つ入力していきます。
このように、利息制限法で定められている金額に応じた利率を当てはめて計算をし直すことを引き直し計算といいます。
利息制限法が定められる前までは、いわゆるグレーゾーン金利という高い金利でお金を貸すことで利益を得ている貸金業者がたくさんありました。ですので、利息制限法が定められる前から長期的に貸金業者と取引をしていた場合、過払い金が発生していることが多いのでまずは引き直し計算をして金額を確かめてみましょう。
過払い金が発生していた場合、返還請求をすることでお金を取り戻すことができます。
これを過払い金請求といいます。
過払い金請求は法律事務所の弁護士に依頼するのが一般的です。
無料で引き直し計算をしてくれる法律事務所などもありますので、問い合わせをしてみましょう。

 

 

費用がかかったとしても

 

北海道|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県|東京都|神奈川|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県|山梨県|福井県|石川県|富山県|新潟県|長野県|愛知県|静岡県|岐阜県|三重県|大阪府|兵庫県|京都府|和歌山|奈良県|滋賀県|広島県|岡山県|山口県|鳥取県|島根県|香川県|愛媛県|高知県|徳島県|福岡県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|佐賀県|鹿児島|沖縄県

ホーム RSS購読 サイトマップ